コーヒーポットが届いたよ

コーヒーポットが届いたので、ようやくそれっぽくなったなーと思うイコール君

「コーヒーポットが届いたので、ようやくそれっぽくなったなーと思うイコール君」

前々から欲しいと思っていたコーヒーポットがようやく届きました。しかしながら夏ということもあり、現在我が家にはコーヒー豆がなく、届いて瞬く経つにも関わらずまだ使用できていません。悲しい…。豆買いに行かないとね。

 

最近、音楽を続けることについてよく考えます。2012年の4月に初ライブをやってからもう4年も経ってたのかーと思うと同時に、まだ4年かーとも思います。 活動初期は月に2回ライブを行っており、今とは少し曲のテイストも違いました。恐らく当時から残っている曲は「青」ぐらいかなーと思います。「文の香」はもう少し後だったかな…。

「青」ができた頃から、方向性というか、徐々にlog=らしい曲ってこういうことかなーと思うようになりました。曲には大きなカテゴリーがあって、「青」に区分されるとlog=らしく、それに区分されない時は、いい意味でいつもと違うlog=になる、と思っています。分かりやすいところでいうと、前回のライブで歌った結婚式ソングとかは「青」区分からは外れます。今年はこういったlog=っぽくない曲を歌いたいと思います。そう思った理由とかは得にないのですが、心地よい違和感というか、新しいlog=だなーと思ってもらえるような、そういった曲を作りたいです。
log=っぽいくない曲で、どう評価されるのかも楽しみだし、演奏していて気持ちが良ければ最高です。

 

前回のブログでも続けることについて書いているので、今は自分自身がそういうモードなんでしょうかね。 そういうモードついでに、書きます。(笑)
ライブハウスのスタッフさんも、よく行くスタジオのスタッフさんも、始めた当時から変わってないんですよね(もちろん、新しく入ってきた方もたくさんいらっしゃいます)。そして、ちょくちょく見に来てくれる友人も本当に感謝です。なんかその変わらないところが好きで、同じメンツでここまでやってこれたのが嬉しいというか、まぁ弾き語りで基本的には一人なんですけど、そういった支えてくださっている方や繋がりをこれからも当たり前と思わず大切にしていきたいなーとこのブログを書きながら思いました。ようやく整理がついた感じです。